何年かかっても良いから注文住宅を建てたい

house12 都心のど真ん中は無理でも、郊外のかなりはずれなら注文住宅を建てられるかもしれないです。誰にとっても住宅を建てることはひとつの夢ですが、私はその願望が結構強いです。住宅は安心してくつろげる場所であり、家族とともに過ごす大切な空間です。そんな住宅をたとえ郊外のかなりはずれでも良いので建てることができれば、その達成感は感無量のはずです。

 ただ、そのためには資金の問題が立ちはだかります。賃貸で生活していくのも厳しいのに住宅を建てるとなれば、もっとまとまった資金が必要になります。住宅ローンを組むのは当たり前にしても定期継続収入は必須条件で、まずはそこからクリアしていかなければなりません。しかも、できている住宅を買う建売住宅と比べて割高なのがネックです。妥協して建売住宅という選択も残しておくべきですし、現実的なことを言うならむしろそちらが正解です。ですが、それでは思い通りの家づくりができなくなってしまいますので、できるだけ注文住宅にこだわっていきたいです。

 夢が大きいことは良いことだと思いますが、叶えられなければダメです。その夢を実現させるためにはまず日々の仕事を頑張り続けることが大事で、何年かかっても良いですからぜひ実現させたいです。