異物混入してしまったときの会社の対応はとても大切

factory23飲食店や食品を扱うお店において最も怖れているものが異物混入かもしれません。この種のクレームが入ると素早い対応が求められぐずぐずしているとネットその他のツールを使ってそのうわさが拡散してしまう恐れがあり、それによって経営そのものが傾いてしまうことになりかねません。衛生面での対応は極めて繊細であり、言い訳や事実を否定するような対応を取ってしまうと傷口を広げてしまうことになりかねません。人間が機械などを使って作っている以上どれほど注意をしていても異物が混入してしまう可能性があり、それは避けては通れないものです。製造をバイトで補っているのであればなおさらでしょう。

異物混入が明らかになったときには、その事実を解明するための素早い対応と丁寧な謝罪、そしてお客に不快な思いをさせてしまったことのお詫びとしての何かを差し上げることができるかもしれません。異物混入は虫や人間の髪の毛が入ってしまうこと、また製造過程で使用するものの一部が紛れ込んでしまう、またあるバイトや従業員が仕事への不満から会社を困らせるためにいたずらをして異物混入をするということもないわけではありません。いずれにしても信用が一番ですので発覚してしまったときの対応を間違えなければ大事にならないことがほとんどです。